ほうれん草の成分「チラコイド」を効率的に摂取できる「チラコル」というサプリメントがあります。

日本では2015年10月に発売されたばかりなので、本当に最近登場したばかりの商品みたいですけど、どんな感じなんでしょう?

ちょっと調べてみたところ、よくある置き換えダイエット向けのサプリとは少し違うみたいですよ。

ほうれん草といえば、ほうれん草ダイエット?

ほうれん草

ほうれん草といえば、管理人も「ほうれん草ダイエット」という言葉を耳にしたことがあります。

調べてみると、この言葉が検索エンジンに現れ始めるのは2013年くらいからみたいですね。つい最近のことだったのか…。

でもダイエット法として注目される以前にも、食物繊維が多くて低カロリー(ゆでたもので100g当たり25kcalくらい)ということで、ダイエットの際に利用されることが多い食材だったようです。

このほうれん草に、「チラコイド」が含まれているということで一気に注目を集めたのは、2015年1月15日に放送された「あのニュースで得する人損する人」のダイエット特集。

最新のダイエット法として、「チラコイド」が特集されたことがきっかけになっているようです。

チラコイドというのは、葉緑体の中にある、さらに小さな構成体

葉緑体のイメージ

チラコイドというのは、植物の光合成でよく耳にする「葉緑体」を構成する構造体の一つです。葉緑体の内部に存在し、光合成が行われる場所でもあります。

野菜を機械的に切ってもチラコイドをうまく取りだすことはできませんが、スウェーデンのルンド大学のシャーロット・アーランソン・アルバートソン教授が開発した製法によって、チラコイドを体内で利用できる形で抽出できるようになりました。

特許原料「Appethyl」(アペシル)の登場で、サプリの世界でもチラコイドが積極的に利用されるようになっています。

チラコイドのいいところ ~ 脂肪の消化を遅らせて、満腹を感じさせてくれるところ

チラコルは、「脂肪」と「炭水化物」両方の分解と吸収を遅らせてくれます。でも遅らせるだけで、最終的にはちゃんと消化、吸収できるところが魅力です。

食事制限で苦労している人からすると、「吸収しちゃうのはやだわ」と思うかもしれませんが、必要な栄養をきちんととることはとても大切。

管理人も最近までこの点がよくわからなかったんですが(汗)ドカ食いをしなくても満足感を感じる適量の食習慣を身につけることがダイエットでは重要なんですね。

というのも、満腹ホルモンと呼ばれる「レプチン」や「CCK」(コレシストキニン)が分泌されるのは、実は食事を始めて30分くらいしてからなのです。

なので、早食いをしてしまうと、満腹を感じる前に食べ過ぎてしまったり、満腹ホルモンが十分に分泌されないうちに空腹感を感じてしまって、「もっと食べたい」という欲求に悩まされてしまいます。

だからダイエットでは、「ゆっくり食べる」「よくかんで食べる」ことがすすめられるわけです。

この点、チラコイドは脂質を包み込むので、胃の中で消化されるのを防ぎ、腸を通るときも普通より時間をかけてゆっくりと消化・吸収されていきます。

満腹ホルモンは、脂質が腸を通過する際に分泌されることが多いので、腸の通過に時間がかかれば、早食いのような状態を避けることができます。

アペシルを開発したシャーロット教授によると、現代は「かまなくてもいい食事」が多いため、消化器がうまく機能することができないのだとか。

それなら、食べ物のほうにアプローチしちゃおう! というのがアペシルの発想になるわけです。

チラコルはビタミン・ミネラルも配合された栄養面も重視したサプリメント

チラコルは、こうしたチラコイドの他に、11種のビタミンと6種のミネラル、108種類の植物酵素も配合されています。

酵素が配合されているあたりは、最近はやりの日本のサプリという感じですよね(笑)

でも、11種のビタミンと6種類のミネラルというのは、1日に必要なビタミン・ミネラルの3分の1くらいの目安になるようですよ。そう考えると、けっこう充実しています。

これは、カロリーばかり取り過ぎてしまって栄養が不足しているケースでも、サポートできるように目指しているから。

外食が続いたりすると、どうしてもカロリー過多で栄養バランスが悪い食事になってしまいますもんね。

スムージーやジュース、スープなどに混ぜることで手軽に食事にとり入れることができるので、忙しい人は栄養面をサポートしてくれるサプリとして、チラコルを活用するのもよさそうです。

ショップサイト⇒株式会社チラコイド

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly