リストマーク 2016年もネット限定色あり!全色8色のカラー展開


遮熱つば広UVリボンハット【ネット限定カラーあり】

キレイめスタイルで夏をすごしたい人におすすめなのが、超最強シリーズの中でもこの帽子。「超最強遮熱つば広UVハット」です。

これまでの超最強シリーズの帽子は、リボンやコサージュのイメージが強かったのですが、2014年夏アイテムはワンポイントにチャームが付いているだけなので、服とコーディネートしやすい応用のきくデザイン。そして、日本製の綿生地を使用しているので、優しい手触りになっています。

カラーは「ライトカーキ」、「ブルー」、「ブラック」、そしてネット限定の「グレー」の4色。サイズは55~57(S~Mサイズ)、57~59(Lサイズ)の2種類の展開です。

内側にアジャスターベルトが付いているので、サイズの微調整をすることもOKですよ。

大阪で開催されたベルメゾンの勉強会に参加してきたので、注目ポイントを実際に写真に撮ってきました。

汗をかく夏シーズンも清潔に保てる

汗取りパット

汗をかく夏は清潔が気になりますが、超最強シリーズの帽子は、ネットに入れて洗濯機で丸洗いすることができます。

また、ファンデーションが付いて汚れやすい「おでこ部分」は、汗取りテープになっていて取り外しが可能。汗取りテープだけこまめに洗濯すれば、帽子を丸洗いしなくてもある程度清潔を保つことができます。

帽子の中がムレにくい

ベンチレーション

この帽子の大きなポイントは、切り替え部分がメッシュ素材のベンチレーションスリットになっているところ。写真は帽子前面にあるベンチレーション部分を広げたところです。

帽子の後ろにもスリットが入って、前から後ろへ風が抜けていく構造になっています。

帽子の内側も通気性のいいメッシュ素材が使われているので、蒸れにくいように工夫されています。

ちなみに帽子の後ろのスリットは、髪の毛の長い人はここから髪の毛を出すことができるので、結んだままでも帽子をかぶることができるようになっています。

大きな変更点は、2012年から帽子の裏地に使用されていた遮熱機能素材が、2014年版は裏面全面に施されています。

ショップサイトで紹介されている実験によると、赤外線ランプで30分照射して試験したところ、2度の違いが出たのだとか。夏の日差しがカンカン照る所で、その力を発揮してくれそうです。

大きめつばだけど煩わしさがない帽子

横顔

そして、大きめの「つば」なので、すっきりした小顔効果が期待できるところがうれしいポイント。

とはいえ、帽子の後ろは「つば」も少し短めに仕上げられているので、上を向いても大丈夫ですよ。つばが突っ張って動きにくいということはありません。

また、ノーメイクでもOKというほどしっかり顔を隠してくれるのにもかかわらず、つば裏は明るめの配色になっているので、つば広でも顔色を明るく見せることができます。

つばの端にはワイヤーが入っているので、写真のように、つばを折り曲げて視界を調節することも可能。意外とアクティブに着こなせそうです。

クリップで固定

そして、つば広だと風を受けて飛びやすいという不便な点があるのですが、ハットホルダーが付属しているので安心ですよ。

あご紐としてしっかり固定することもできるし、片側は取り外し可能なクリップ式なので、襟元などに固定することもできる2WAY仕様になっています。

目が届きにくい首筋の日焼け対策は取り外し可能

クロスガード

うっかり日焼けをしてしまいがちな首の後ろは、帽子に取り付けたクロスがガードしてくれます。

この点、2013年度では帽子に固定されたリボンを広げてクロスガードにしていたようですが、2014年度バージョンはシンプルに取り外し可能になっていて、使い勝手がアップしています。

帽子自体が邪魔になったときは、くるくるっと丸めればOK。ハットクリップで留めることができるので、バッグなどでコンパクトに持ち運ぶことができます。

リストマーク 2016年もネット限定色あり!全色8色のカラー展開


遮熱つば広UVリボンハット【ネット限定カラーあり】

【関連記事】
日焼け対策は目も大事 気軽に対策、ベルメゾンのメラニンサングラス
帽子で涼しさを重視するなら、ブレード素材&メッシュ素材がおすすめ
遮光?風対策?2WAY?用途で選べるベルメゾンのUV対策キャスケット
> キレイめスタイルで夏を過ごす!超最強遮熱つば広UVハット
ベルメゾン2014 夏の超最強アイテムがさらにパワーアップして登場

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます