小顔ハット 正面

汗をかく季節になると気になる体のニオイ。単に汗臭く臭っているだけではなくて、ノネナール(加齢臭)だったりすることもあるようです。

ノネナール(加齢臭)に関する考察は気になる大人のニオイ対策を読んでもらうとして、皮脂の多い場所の1つに「首の後ろ」がありました。

髪形にもよりますが、ここ、実は紫外線からガードしにくい場所なのです。それはつまり、ノネナールが発生しやすい場所でもあるわけですね。

こういう場所は帽子でガードしちゃうのが手軽。2012年夏シーズンに登場したベルメゾンネットの「UV小顔帽子」は、つば全体が広いので、首筋もガードできるようです。

つば広で紫外線からしっかりガード

つばはかなり広い

被ったところを横から見るとこんな感じ。帽子の後ろにスリットがあって、髪の毛を出すことができるので、この写真だとちょいとわかりにくいですが(汗)つばの広さはわかるでしょうか。

これなら、かなり首筋をガードしてくれますよね。

ちなみに、帽子に付いている飾りは取り外しが可能です。

帽子の飾りは取り外し可能

それにしても、これだけ「つば」が広いと視界が悪くなるんじゃないかと心配になりますよね。

この点、UV小顔帽子のつばにはワイヤーが入っているので、適度に調節することができるんですよ。あごに固定できるヒモが付いているので、風がある日でも安心です。

そして、帽子の内側は一部ゴムバンドになっているので、自分好みのフィット感に微調節することもできます。

つばにワイヤー入り

汚れ対策もばっちり

汚れやすいおでこ部分は取り外して洗濯が可能

何よりこの帽子は「今までにない快適さ」を追及しているので、蒸れない工夫が随所に施されているという特長があります。

例えば、おでこ部分。汗をかきやすいこの部分は、吸水速乾性の素材でできています。しかも取り外して洗うことができるんですよ。もちろん、帽子自体も洗濯機OKのウォッシャブル。

帽子って、夏はどうしてもシーズン途中で匂いが気になる物だから、手軽に清潔が保てるところはうれしいポイントです。

帽子内部はメッシュ

上の写真は、帽子の内側です。抗菌防臭のメッシュ素材と、帽子の前後に施されたスリットで通気性を保っているので、蒸れにくいように工夫されています。

今シーズンから専用ポーチが付いて携帯にも便利になっているんですよ。

専用ポーチ

首筋の後ろはなかなか気付かない部分ですが、帽子なら手軽にUVケアができますよね。あご紐で固定すれば飛んでいってしまうこともないので、自転車にも乗れそうです。

ショップをチェック⇒靴・バッグ・アクセサリー

【関連記事】
ベルメゾンの超最強UV小顔ハットに新アイテム登場!
変幻自在 3Wayで楽しめるベルメゾンのアレンジ自在帽子
日よけ&首の後ろひんやり 炎天下でも最強!ベルメゾンのキャスケット
> 首筋も焼かない! ベルメゾンの超最強UV小顔ハット
頬もしっかりガードする ニッセンの「涼やかワイドキャスケット」
気になる大人のニオイ対策

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます