繊細柄をポンとスタンプ セルフネイル用アートプレートの会

フェリシモサロンで見かけた、このキラキラしたプレートと爪のサンプル… これ、何だかわかります?

半袖から長袖へとファッションが変わるこの季節は、指先のおしゃれが雰囲気を盛り上げてくれますよね。

先日、神戸で開催されたフェリシモサロンでも、ちょっとかわいいネイルが自分でできてしまうグッズが紹介されていました。その重要なパーツとなるのが、上の写真に写っているアートプレートなのです。

- スポンサーリンク -

セルフネイル用スタンプツールは、マニキュアを使ってスタンプするだけ!

マニキュアは手持ちのものでOK

フェリシモサロンではhacoブランドのマニキュアが用意されていましたが、もちろん手持ちのマニキュアがあればOK。

ポンと柄をらくらく転写 セルフネイル用スタンプツールの会

必要なのは、写真に写ってる「フェリシモ ポンと柄をらくらく転写 セルフネイル用スタンプツールの会」(スクレーバー1個、シリコーンスタンプ1個のセット)と、最初の写真に写っていた「フェリシモ 繊細柄をポンとスタンプ セルフネイル用アートプレートの会 (6回限定コレクション)」(アートプレート1枚)を使います。

どちらも1度注文すると毎月1回お届けの頒布会形式の販売になっていますが、スタンプツールは1セットあれば間に合うので、1つだけ注文して2回目以降はキャンセルしちゃっていいんじゃないかな。

アートプレートは6種類あるので、コレクションするのも楽しそうです。

道具がそろえば使い方は簡単。4ステップでできますよ。

アートプレートにマニキュアを塗る

アートプレートにマニキュアを塗って…。

スクレーバーで余分なマニキュアを掻きとる

余分な部分をスクレーバーで掻きとって…。

スタンプツールで転写

スタンプに転写!

爪に転写してできあがり

デザインしたい爪にスタンプを押せば簡単に転写されます。

フラワードレース

どんな柄が爪に転写されるのかというと、こんな感じ。サンプルにぐぐい~っと近寄って撮ってみました。かなり細かい柄ができるんですね。

スタンプ部分

ピント、どこ当たってんだーって感じの写真ですが(汗)赤い面は広い面積用、緑の面は狭い面積用と使い分けることができます。

スタンプ部分はシリコンでできているので、触ってみると意外と硬い感じのスタンプ面でしたよ。

爪が短くて小さいので、こんなオシャレはあっしには無理です… みたいな管理人のような爪でも(汗)緑の面を使えば楽しめるみたいです。

アートプレートとデザイン例

きれいに決めるコツは、スタンプはあまり動かさないこと。

レースのような繊細柄のデザインなので、ぐりぐり動かすとかえって線がつぶれてしまうみたいなので、1回の動作で転写するつもりで動かすのがいいみたいです。

スクレーバーで掻きとるあたりからは乾く一方なので、手早く爪に転写してしまうのがいいみたいですよ。

失敗してもマニキュアなので、除光液できれいにオフできるところがいいですよね。スタンプ側も、除光液できれいに拭きとっていました。

できあがった爪は、トップコートを塗れば長くきれいにデザインを楽しむことができます。


フェリシモ ポンと柄をらくらく転写 セルフネイル用スタンプツールの会


フェリシモ 繊細柄をポンとスタンプ セルフネイル用アートプレートの会

初回おためしでお得になるキャンペーン実施中です


フェリシモ 繊細柄をポンとスタンプ セルフネイル用アートプレートの会(6回限定コレクション)

アートプレートにはちょっとお得なキャンペーンが実施されています。

専用ページからの申し込み1回目に限り、初回お試し価格で届けてもらえるキャンペーンです。同じように見えるけど、ページが違うのでこの点は要注意。

通常価格月1枚セット1,600円(税抜)が特別価格1,480円(税抜)となります。

※2回目以降の申し込みは通常価格に戻ります

キャンペーン申し込み期限は2016年8月31日までです。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます