ココナッツオイル

ココナッツオイルをスプーン一杯、とってみた

「ココナッツオイルをモニターすることになりました!」と記事を書いたところ、友達から「ココナッツオイルで口をゆすぐ」という健康法があるらしいというネタをいただきました(笑)ありがとうございます♪

というわけで、早速チャレンジです。

調べてみたところ、ココナッツオイルでうがいをするもともとは、古代インドを発祥とするアユールヴェーダに「オイルプリング」という口腔ケアの方法があるみたいです。

英語版のWikipediaには「Oil pulling」として収録されていました。さすがオーラルケア先進国。

英語ではOil swishingとも言うようで、「pull」は、引っ張ったり、引いて動かしたりすること。「swish」は、ムチや棒がヒュッ!と音を立てること、またはシュッと動かすことなんかを意味する言葉です。

上記のような油を口に含んで、クチュクチュやる様子を表しているようですね。

日本では最近ココナッツオイルがブームになったこともあって、その利用法としてオイルプリングも注目されているみたいですよ。

オイルプリングの豆知識

朝起きた空腹時にやるらしいのですが、それはちょっと面倒なので(汗)お昼前にチャレンジしてみました。おなか減っているのは変わらないのでいいですよね。

オイルプリングに使う油としては、ココナッツオイルの他にもオリーブオイルやゴマ油、ナッツオイル、アボカドオイルなんかが使われるみたいです。

オイルプリングのやり方

1.水を飲む

唾液が出やすくなるように、まず水を飲むらしい。

2.ココナッツオイル大さじ1杯ほど口に含んでクチュクチュを開始

ネットを調べてみたところ、大体15分~20分くらいと言われているのが多いみたいですね。油を口に含んだら、口を閉じたまま口の中でクチュクチュと動かします。

「舌を使え」と書いてあるサイトもあったけど、やってみるとこれがかなり疲れて大変なので、ほっぺたを使って流れを作るようにして時々舌を使うようにすることにしました。

これなら15分くらいは楽勝ですよ。20分もそんなに大変ではなかったです。

3.口に含んでいたココナッツオイルを吐き出して終了

クチュクチュやってるうち、ちょっとましになるんだけど、それでも油。後口は少々悪いです。

気にならなければ、水ですすぐ程度でOK。ですが、塩水ですすいでも、やっぱりちょっと気持ち悪かったです(汗)これはもう、慣れなのかなぁ。

すぐ後、ご飯を食べる時に舌先がちょっとヒリヒリするような気がしたので、意外と負担がかかってるみたいですよ。あまり一生懸命クチュクチュしなくてもいいのかもしれません…。

でも、この辺が慣れてくると、すっきり感に変わるのかも(汗)

オイルプリングの感想

ココナッツオイル

ココナッツオイルって、甘~い香りが特長ですが、クチュクチュしてると意外に香りは気になりませんでした。

あと、口を動かすせいか、唾液がけっこう出るところがいいんじゃないかな。唾液が少なくて口の中が乾燥していると、雑菌が繁殖しやすくなるっていいますもんね。

最初は油特有のモッタリした感じがあるけれど、クチュクチュやってるうち唾液が混ざってくるのか、口の中で程よい感じの液体になります。

口の中を丹念にクチュクチュするわけだから、歯磨きで磨き残しがあっても多少取ることができるみたいで、最後にペッて出したものには磨き残しの食べカスが入ってました(汗)

以前、「歯と歯茎の間がけっこうすいてきている」と歯医者に指摘された管理人ですが、歯磨きだけじゃなくて口腔ケアも取り入れたほうがよいかなと気になっている人にはいいかもしれませんね。

口腔ケア用の液体歯磨きみたいなのは、ミントが辛くて使えなかったりしますが(汗)こういうオイルは刺激がないので、この点はよいなと思いました。

ただ、ここは面倒臭い

25度は微妙に溶ける温度

最高気温25度という最近にしては比較的暖かな一日にチャレンジしてみたのですが、ココナッツオイルにとってはいまいち暖かではなかったようです。

しばらく冷蔵庫の外に出していたのですが、「さてやってみましょう」という段になっても、半分だけ溶けたようなドロ~ンとした状態だったんですよね…。

これでうがいするのはさすがにちょっと嫌なので、湯せんして油を透明にしてからチャレンジしてみました。でも、毎回これをするのは面倒臭い。

慣れたら、油の塊を口に含んで、溶かしながらクチュクチュするとか… 管理人はやりませんが(汗)

そして、最後に「ペッ」と出すわけですが、面倒臭いことに、流しに「ペッ」と捨てることはできません。

そうそう、びっくりするんですけど、「ペッ」と出すと、透明だった油が牛乳みたいに真っ白になっているんですよ。

そりゃあ、20分も唾液を混ぜながらクチュクチュ撹拌するわけだから、油も白く濁るわけですが、これをそのまま流しにペッとすると、排水パイプの中で固化して詰まりの原因になることがあるようです。

処分の仕方としては、ティッシュなどに含ませてゴミ箱に捨てるしかないのですが、これがやっぱり面倒臭いんだな(汗)

ココナッツオイルがいつでも透明でサラサラしている夏の暑い時期ならまだチャレンジもしやすいと思いますが、寒い時期や中途半端に暖かい時期には不向きな口腔ケアと言えそうです。

それから、ちょっと気になったのは、英語圏のWikipediaによるとオイルプリングを原因とするリポイド肺炎の報告があるようです。

オイルプリング中にクチュクチュしてるやつが、うっかり肺のほうに吸い込んでしまって、肺炎を起こしてしまうことがあるみたいですよ。

15分~20分というのはけっこう負担ですから、無理は禁物です。

オイルプリングが気になる人は、肺に吸い込んでしまわないように気をつけながら、暖かくなってからやってみてね!


【[即納] ココナッツオイル 有機JAS認定取得原料仕様 安心安全の国内充填 ココナッツ油 エ…

【関連記事】
瓶詰めココナッツオイルを使いやすく保存しよう!冷蔵庫でキューブ状に加工する方法
> ココナッツオイルでクチュクチュうがい、やってみました
ココナッツオイルでササッとできる、「ラスク風食パン」を作ってみた
Begardenのココナッツオイルを直接食べてみた&大瓶でお買い物する際の注意点

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます