草花木果 洗顔と化粧水

左)洗顔料 右)化粧水

「草花木果」は、日本に古くから伝わる天然成分を利用したスキンケア・シリーズです。

草花木果に関して、簡単にまとめた記事があるので、「草花木果って何?」という方はこちらの記事から読んでみてくださいね⇒「草花木果 『透肌スキンケア(竹)』の特徴」

- スポンサーリンク -

化粧水に比べると、ずいぶん小さいのがこの「透肌洗顔ミルク・竹」です。化粧水は40mlあるのに、15mlしかないんですよ。2分の1より、もっと小さい(笑)使う量は1円硬貨大でいいようなので、容器としてはこんな比率でいいのかな。

成分としては、角質クリアサポート成分「アミノTG」が配合されているのが特徴です。この他に、竹エキス、ゆず果実エキス、ボタンエキスといった天然成分が配合されています。

「洗顔ミルク」という名前だけあって、白くてとろっとしています。写真は、ちょっとケチって1円玉よりちょっと少なめか(汗)

草花木果 洗顔料

洗顔料を手のひらに出してみた

でも、これがけっこう泡立つんですよ。泡も粘度がある感じ。

パンフレットに「きめ細やかで濃密な泡」と書かれているだけあって、細かな泡がクリームみたいです。

草花木果 洗顔料の泡立ち

泡立てるとこんな感じ

この泡のせいか、洗顔するときも吸いつくような感覚があるんですよ。

でも、洗い流すときはしっかり流れて泡切れしてくれるので、何かが残ってるような不快感はなし。洗い落とし過ぎてつっぱる感じもないので、管理人の肌にはすごく合ってる気がしました。

ゆずやローズマリーなどから抽出した精油をブレンドして、竹をイメージした香りが付けられているらしいんだけど、この香りが独特で、「匂い」というより鼻の奥を爽やかな風を感じるような印象があります。

顔を洗った後も、特に夏場はメガネをかけてると、どうしても鼻パッドの辺りがギトギトしてくるんですが、取り過ぎず残し過ぎずで洗顔料が合っているのか、そうしたギトギト感が少なくて快適でした。

今年の夏みたいに、酷暑でどうしようもないーってときに使ってたら快適だったろうな、これ。

というわけで、夏場に使いたい洗顔料の第一候補としてメモしておこうと思います♪

ショップをチェック⇒本当に毛穴が目立たなくなった!話題の毛穴対策コスメ

※リンク先はスマホ対応サイトじゃないので注意

【関連記事】
草花木果トライアル 「透肌マスクジェル」の感想
草花木果トライアル 「透肌化粧水・竹」の感想
草花木果の透肌スキンケア・竹のトライアルを注文してみた
草花木果 「透肌スキンケア(竹)」の特徴

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly