olive

オリーブといえば、まず頭に思い浮かぶのはオリーブオイル、油ですよね。

でも楽天で見かけたこのスキンケア、「オリーブドロップ モイスチュアローション」は、オリーブの「果汁」を使ってるらしいですよ。

お年寄りのカサカサ乾燥お肌のスキンケアに、オリーブオイルを使っている施設があるという話は管理人もテレビで見たことがあるんですが、オイルじゃなくて果汁もお肌に使えるんですね。

というか、オリーブに果汁ってあったんですね。オイルしかないのかと思ってましたよ(汗)

- スポンサーリンク -

オリーブ栽培の歴史は5000年~6000年前

オリーブの起源は小アジアで、シリアから地中海沿岸に広まっていったと言われています。オリーブの野生種は有史以前からあり、地中海やアフリカ北岸一帯に自生していて、栽培するようになったのは5000年~6000年間前(一説には8000年前とも)の歴史があります。

かなり古くから利用されているのですが、もっぱら親しまれてきたのはオリーブオイルなんですよね。あとはオリーブの果実を塩漬けにしたり、オイル漬けにしたものを食用にしていました。

古くからオリーブを原料とした化粧品もありますが、使うのはやっぱりオリーブオイルだったみたいですよ。「果汁」はあまり注目されていなかったようです。

これはオリーブに果汁がないというわけではなく、オリーブオイルを搾油する際に果汁が出てくるのですが、これまでは捨ててしまっていたのだとか。

でも、オリーブ果汁には天然の保湿成分やアミノ酸、オリーブポリフェノール、ミネラルといった美肌成分があります。

今回、ローションを発売する日本オリーブ株式会社では、独自開発したオリーブ果汁を1973年に世界で初めて化粧品へ配合。以来40年も愛用され続けています。

化粧品としてはけっこう歴史があるように見えますが、オリーブの歴史でいえば6000年(一説には8000年)にして初めての化粧品ってことですよ。なんか、すごい。

オリーブポリフェノールというのはあまり耳にしたことがありませんが、「オレウロペイン」とか「ヒドロキシチロソール」といった名前のポリフェノールになるようです。

今回発売するローションには、オリーブオイルも配合されてローションになっているわけですが、オリーブオイルには不飽和脂肪酸のオレイン酸やスクワレンが含まれていて、人の皮脂成分と似た性質があるので、肌馴染がいいという特長があるようです。

オリーブ果汁の製品

むぎごころ楽天市場店

調べてみると、日本オリーブ株式会社のサイトにはオンラインショップがあって、オリーブ果汁やオリーブオイルの製品をいろいろ取り扱っているみたいです。

中でも、いちばん古そうなのはこれかな? 楽天市場でもいろんなショップが取り扱っていましたよ。

1994年発売の天然保湿成分オリーブ果汁配合の化粧水で、さっぱりとした使い心地。乳液が必要ないくらいしっとり仕上がるのが特長なんだとか。

でも、今回発売される「オリーブドロップ モイスチュアローション」は取り扱いがありません。なんと、「牛窓オリーブ園 楽天市場店」の限定販売品になるみたいです。


【楽天市場限定商品】オリーブドロップ モイスチュアローション 【日本オリーブ株式会社 公式】

天然保湿成分オリーブ果汁&オリーブオイルを配合したモイスチュアローション。

さっぱりとした使い心地で、つけたあとは肌がしっとりするのが特長。暑くてジメジメしたシーズンでもベタつかないというとこがうれしいポイントです。

年齢や肌質を選ばないので、お肌に合いさえすれば気軽に使うことができるみたいですよ。

バラに似たローズゼラニウムの香りがするみたいですが、これは天然成分によるもので、ローション自体は無着色、無香料、無パラベン、無鉱物油です。

発売を記念して、2016年5月31日(火)まで1本でも送料無料のキャンペーンが実施されています。

(本州・四国・九州で500円。通常は、商品の合計が7,000円以上(税込)の場合で送料が無料になります)

管理人はキャンペーン中のお買い物はないかもだけど、もう少し楽天ポイントがたまったら購入候補にしたいなぁということでメモ(笑)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます