強炭酸の泡

強炭酸水「ビオーラ」

先月、大阪で開催された楽天市場の展示会で、強炭酸水「ビオーラ」を試飲する機会がありました。

強めの炭酸ということなら、以前、クリスタルガイザーを飲んだことがあるんですが、それよりずっと強い炭酸水でしたよ。

「ビオーラ」の特長をいろいろ伺ううち、強炭酸水や純水に興味がわいたので、ちょっと調べてみることにしました。

- スポンサーリンク -

強炭酸のメリット&デメリット

強炭酸水は、普通の炭酸に比べると炭酸のもちがいいのが特長になるみたいです。

途中で蓋をして置いていても、炭酸を感じることができるといったメリットがあるんですよ。さすがパワーが違うんですね。

実はビオーラが一般のペットボトルより少し大きめの容器で、内容もすき間を空けて詰められているのも、強炭酸だからこそ。

展示ブースのスタッフさんの話では、普通の飲料のように、口のところいっぱいまで入れていると、開栓したときに泡が吹き出してこぼれてしまうのだとか。

パッと見、中身が少ないように見えますが、これは別にケチっているわけではなく、開栓時の吹きこぼれ防止のためなんですね。

それでも条件によっては吹きこぼれることがあるらしいですよ(汗)

開栓する際はちょっとコツがあって、一気に開けるのではなく、少し開けたら一呼吸待って、ガスを逃がすようにするのがいいみたいです。

それから、人によっては酸っぱい味を感じることがあります。

管理人も展示会場でプレーンタイプを味見させてもらったのですが、強い炭酸と、酸味を感じました。「何か入ってます?」と思わずスタッフの方に聞いたのですが(汗)

「ビオーラ」に入っているのは、もちろん二酸化炭素だけです。なんでも、炭酸水にそんな味を感じる人がいるのだとか。

後で調べてみたところ、二酸化炭素が炭酸水素イオンと水素イオンに分解するときに、酸味を感じる味覚受容体(PKD2L1)を刺激することがネズミの実験で確認されていて、2009年のサイエンス誌に実験レポートが掲載されているみたいです。

このことから人間も、炭酸水を口にした時に味覚を感じる受容体が刺激されて、「酸っぱい」という感覚を脳に伝えるので、酸味として感じるのではないかと考えられているようです。

知らないと、これはちょっとびっくりするかもしれません(汗)

純水のメリット&デメリット

ビオーラを強炭酸水にするために「純水」にするという工程がありますが、不純物が取り除かれることで雑味がなく、スッキリした味わいで苦みなどを感じることがないというメリットがあります。

ミネラルを豊富に含んだ水の場合、味に雑味が出てくるので好みが分かれたりするようです。

ただし、純水であればあるほどおいしいのかというとそれはまた違うようで…。

水の味わいは、ミネラル分や二酸化炭素がバランスよく入っていることが必要で、あまり取り去りすぎるのもよくないようです。ちなみに実験室で使われるような基準の厳しい純水は、あまりおいしくないらしいですよ(汗)

そして、純水のことを調べていると、ちょっと気になるのが「純水は体に悪い」という話です。

純水は、不純物を取り除いて、できるだけ水分子のみになるよう精製したものですが、いつまでも純水の状態ではいられなくて、空気に接していれば空気中の二酸化炭素などを吸収して、保存しているタンクが金属製であれば、金属の成分が少しずつ溶けだして、純水ではなくなってしまうのです。

つまり、安定した状態になるために、いろんなものが溶け込みやすい状態なのが純水なんですね。

飲料水として飲んだ時も、口に含んだ時点で口の中の「つば」なんかが混ざっていくので、その時点で純水ではなくなってしまいます(汗)

なので、純水がお腹に届くまで純水のままで、腸粘膜に影響を与えることがある… といったことは考えにくいみたいですよ。

歯のカルシウムが溶けることを指摘する話もあるようですが、普通に食事をしていても脱灰(カルシウムが溶ける)という現象は起こっているわけで、唾液が普通に出ていれば、人の体は再石灰化する働きがあります。

英国の研究では、炭酸水で歯のエナメル質が溶ける可能性は、糖分が入った清涼飲料水に比べると100分の1以下という報告もあるようです。

この点から言っても、あまり怖がる現象でもないみたいです。

(参考) 水の常識ウソホント77 [ 左巻健男 ]

病気などが原因で炭酸水が体に合わない場合もあります

炭酸水が体に合わないという人もいるようなので、この点は要注意です。

例えば、胃酸が逆流する人はおすすめできません。炭酸水はガスが発生するので、お腹の圧力を上昇させてしまって胃酸が逆流しやすい状態になってしまうためです。

過敏性腸症候群(腹痛、腹部の不快感、便秘、下痢などが続く病気)の人や、腸が緊張した状態になっている痙攣性便秘の人は、炭酸水が生み出すガスが刺激になってしまうので、避ける必要があります。

炭酸水おすすめ活用例

炭酸水を利用するには、少し注意が必要な人もいますが、特に病気を持っているわけでなければ、炭酸水は意外とメリットがあるみたいですよ。

例えば、炭酸水を飲むと満腹を感じることを利用して、間食したくなったら炭酸水を飲むという方法。こうすることで、食べ過ぎを防止することができます。

この場合、日常的に飲むわけだから、コスパも重要ですが飲みやすさを重視するのがおすすめです。

そして、こうした満腹感の刺激は、胃や腸の蠕動運動を盛んにしてくれるというメリットもあります。

胃腸の刺激を重視する場合、朝、起きたときにコップ1杯くらいの炭酸水を飲むのがおすすめみたいです。

【関連記事】
5月5日は熱中症対策の日 ~ 水分補給どうしてます?
ビオーラのラムネ味はホントにラムネだ!初めて強炭酸水を試してみたい人におすすめ
強炭酸水「ビオーラ」の開栓~2日目の様子&日本酒のソーダ割りで楽しんでみた
> 強炭酸水&純水のメリットとデメリット、いろいろ調べてみました
おしゃれなボトルで持ち歩きも楽しい、強炭酸水「ビオーラ」見てきました

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly