My eye by neuroticcamel
My eye by neuroticcamel

今年に入ってから、目の紫外線対策に注目が集まっています。

近年、子供用のサングラスなどが通園時や屋外遊びで利用されることが増えていますが、紫外線の影響があるのは大人も同じ。でも、お肌の紫外線対策は気を付ける人でも、目の紫外線対策は見過ごしがちですよね。

目の紫外線対策も、やはりきちんと知識を持って対処するのがいいみたいです。

- スポンサーリンク -

紫外線の影響は短時間でも注意が必要

買い物や洗濯といった短時間の動作でも、人によっては紫外線の影響が蓄積することを考慮する必要があるようです。

特に日本人は西洋人と違い、顔のホリが浅いので、紫外線が目に入ってきやすい構造になっています。さらに近視の人は眼球が飛び出した形になっているので、紫外線にさらされやすくなっています。

意外に思われるかもしれませんが、注意すべき時間帯は朝と夕方です。

もちろん、紫外線量としては昼間の12時前後が強くなるのですが、太陽が高い位置にあるので、紫外線もまっすぐ降り注ぐように入ってきます。おでこや瞼が遮るので、直接目に入ってくる紫外線量としては少なくなります。

反対に朝夕は太陽の光が横から入ってくるので、おでこやまぶたに遮られることがなく、目に入ってくる紫外線量は多くなるのです。

目の紫外線対策を考えるなら、朝夕の時間帯を重視するのがおすすめです。

日課として朝夕にジョギングや散歩をされている方、また、ビルなどの窓の照り返しにさらされる通勤時などに注意が必要です。

紫外線対策には紫外線をカットする機能の付いたメガネやサングラスを利用することになりますが、反射して目に入ってくることを考えると、横や斜めの角度もしっかりカバーするようツルがしっかりしたものがおすすめです。

どんな影響があるの? 注意するべき疾患

紫外線の影響で現れる目の疾患には、瞼裂斑(けつれつはん)や翼状片(よくじょうへん)といったものがあります。

瞼裂斑(けつれつはん)というのは、白目の一部(結膜)が分厚くなった状態で、シミのように黄色く見える目の病気です。炎症が起こりやすく、慢性的にゴロゴロした感覚が起こることもあるようです。

結膜にストレスがかかることが原因とされていて、潮風や紫外線の影響、コンタクトレンズの刺激などが挙げられます。

翼状片(よくじょうへん)というのは、白目の一部(テノン嚢)が異常に増殖して黒目の所まで伸びてきてしまう目の病気です。こちらも炎症が起こりやすく、まばたきのたびにゴロゴロした感覚が起こることもあるようです。

また、翼状片の影響で角膜がひっぱられると視力低下が起こったり、角膜の中央部分まで覆われてしまうことで矯正視力も低下してしまう場合もあるようです。

結膜にストレスがかかることが原因と考えられていて、紫外線や潮風、コンタクトレンズといった刺激などが挙げられます。

どちらも、こうした物理的な原因の他に、体質も影響していると考えられています。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly