no image

2012年夏シーズンに登場した、ベルメゾンのUVカットパーカーがちょっとすごいのでご紹介。

袖口は、ここ数年ですっかり定番になった感のある「指穴付き」デザインです。が、指を通さなければ普通の袖口に見えるところがうれしいですよね。袖口は長めのデザインなので、しっかり手の甲まで覆ってくれます。

着丈も長めで、おしりが隠れるほどもあります。

2011年夏シーズンに紹介したカットソーパーカーに比べると、生地がやや厚め。

なので、これだけガードが固いと、一見、暑苦しそうに感じますが、背中の切り替えし部分がベンチレーションになっているので通気性が確保されています。

オフホワイトやアプリコットオレンジといった明るい色は、「焼きたくないけど黒っぽくなりたくない」という人にぴったりです。

- スポンサーリンク -

注目ポイント

オフホワイト、グレー、ネイビー、アプリコットオレンジ、ブラック、オフホワイト×グレーの6種類ある全カラーでUVカット率が97%以上という機能派パーカーです。その秘密はユニチカのCXサラクールを採用しているから。

太陽の光を遮断するポリエステル・フィラメントが使用されているので、従来に比べ2倍以上の遮蔽性があります。

このため、紫外線の遮蔽効果の他に、高いクーリング効果を発揮。接触涼感性も持っているので、蒸し暑い夏も節電で過ごせそうです。

特にCXサラクールはポリエステルとコットンの組み合わせなので、吸収した汗も素早く拡散してくれ、コットンならではの自然な風合いが楽しめるんですよ。

これまではUVカット率を重視すると黒っぽい色になってしまうことが多かったのですが、オフホワイトでも高いUVカット率を誇るので、着こなしの幅が広がりそうです。

【関連記事】
実物チェック! UVカット率97%ベルメゾンのUVカットパーカー
> オフホワイトでもUVカット率97%以上 驚異のUVカットパーカー
UV対策アイテムをなるべく減らしたい人におすすめ ベルメゾンのカットソーパーカー

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます